■Close Up Development/ADVANスニーカー




寸法のばらつきを徹底的に少なくして、精度の高い左右対称性を実現したい。

経年劣化による機能の低下を可能な限り少なくして製品の耐久性能を高めたい。

ADVANスニーカーの開発には今まで以上に高いハードルを設定しました。

このコーナーでは開発秘話やその歩みを振り返ります。


Made in Japan


「ADVAN STYLISH COLLECTION」は、高い技術と厳しい品質管理体制を備えた生産拠点であれば、生産国にこだわりはありません。
事実生産国は多岐にわたっています。中には、優れた技術を持ったパートナーも出てきておりADVAN STYLISH COLLECTIONを支えてくれています。しかし、何回試作を重ねても、私たちが要求する品質を実現できない製品が存在することも事実です。

”日本はモノつくりで追いつかれた。他国の技術と日本の技術は大差ない” 本当でしょうか?

私たちは、Tシャツからカバンに至るまでさまざまな製品を手がけていますが、モノつくりに欠かせない目配り、気配り、心配りに関しては、日本の職人を超える職人はこの地球上に存在しないとすら感じています。マイスターと呼ばれる熟練工の資格制度を持つドイツの製造業も高いモノつくりを実現していますが、気配りや心配りといった面では日本の職人の域に達することは難しいというのがモノつくりの世界では一般的な認識です。

それは、国民性の違いに起因しているのかもしれません。契約社会である欧米は、製造指示書以外のことを製作サイドで手を加えることは極めて少ないですし、アジアの国々では、クライアントが要求する品質以上の提案を製作サイドから行うことは稀です。

”基本デザインをすこし変えてくれればもっと機能が向上する。”
”コストがかかっても、時間がかかってもこうしたほうがもっとよくなる。”

私たちは、これを「親切なおせっかい」と呼んでいます。日本の職人には、このおせっかいが本当に多い。図面に指示された内容をそのままカタチにすれば仕事として終わりとは絶対に考えない。納品までの最後の最後の瞬間まで改善案を積極的に提案していく。

私たちは今回の開発で「親切なおせっかい」を何度も経験しました。仕様変更を繰り返し、試行錯誤して創りあげたスニーカー。本当に良いモノができた。心の底からそう感じています。

”Made in Japan”とはそういうものなのかもしれません。


靴のカタチ


足の形は、エジプト型・ギリシャ型・スクエア型など類型があり、お客様の履いている靴によってストレスのかかり方に特徴がでます。日本人に多いのは、ギリシャ型とスクエア型で、先の細い靴をはくと、つま先が痛くなるのは、この足型のせいもあります。
つま先がシャープな靴は、スタイリッシュな印象を与え、デザイン性に優れるのですが、長時間履き続けるとストレスを与えてしまいます。

足型を徹底的に研究した結果、日本人にはつま先に余裕のあるセミラウンドトウ形状の靴が快適と判断しました。普段履きができて、いざとなったらドライビングシューズの領域までカバーできる最適形状。この形状はデザイン性を兼ね備えつつ、快適性も1mmたりとも譲らないベストな形状であると私たちは考えています。


製法へのこだわり


靴の製法はウエルト製法やマッケイ製法などが有名です。これらの製法は、耐久性に優れ、型崩れしにくいという利点はあるものの、「甲革=アッパー」と「靴底=ソール」を糸で固定していますので、糸の縫い目から水が沁み込んでしまうといった弱点があります。
従ってスポーツシューズに採択されることは滅多にありません。スポーツシューズは、軽快感や、生産性を重視し、アッパーとソールの接合を接着剤で接着しプレスするセメント製法が一般的です。
セメント製法は接着剤で固定される為、糸の縫い目がなく耐浸水性には優れるといった利点があります。反面、アッパーとソールを糸で固定していませんので耐久性に劣り、靴底が剥離してしまうといった弱点があります。

私たちは、この課題をクリアすべく、セメントでアッパーとソールを接着する製法ではなく、インジェクション製法を採択しました。

インジェクション製法とは、アッパーに底金型をセットし、液状の合成樹脂を金型に入れ、加熱接着しながら同時に本底を成型する製法です。この製法は、ソールとアッパーの結合が強く、底はがれの心配が少ないことに加え、接着と成型を同時に行うため無理がなく形くずれが少ないといった利点があります。すなわちウエルト製法などの利点である耐久性・耐型崩れ性と、セメント製法の利点である耐浸水性を同時に備える製法ということになります。

この製法は、金型の精度、加熱時間のコントロール、成型後の処理に関するノウハウが高度なため、私たちはパートナーを日本に求めました。

さまざまな天候下において、快適を約束するADVANスニーカーは、日本の高度なインジェクション製法によって支えられているのです。


素材へのこだわり


私たちは、アッパーの素材に本革を採択しました。合成皮革ではなく、本物の「革」を採択したのは理由があります。
最近の合成皮革は、見栄えといった面では、本革と見分けができないレベルにまで進化しています。クロコダイル調、オーストリッチ調などバリエーション豊かな表面加工も可能です。しかしながら合成皮革は通気性の面では、本革の持つ機能レベルまで到達できていないのです。

通気性は、繊維の持つ細かさによって影響を受けます。繊維が細ければ細いほど通気性は上がります。本革の繊維の細さを1とした場合、人間が作り出す繊維の最小値は1000を超えてしまうのです。今回ADVANスニーカーに採択した革は生後6ヶ月以内の仔牛の皮です。きめが細かく肌触りが良い最高の皮を丁寧な「鞣し(なめし)」加工で革にしています。

私たちが追求した素材の快適性をぜひ体感して欲しい。追求した吸湿性、排湿性はきっと体感できると信じています。



商品ページはこちら


ページトップへ